養育費の弁護士費用はいくら必要?

弁護士費用

 

養育費の回収や取り立てに関し、弁護士さんへ相談・依頼するといくらいの弁護士費用が必要になるのでしょうか?

 

実は、養育費の回収や取り立てなどに関する弁護士費用には、特に相場というものはありません。法律事務所それぞれの運営方針や養育費を財産給付の経済的利益としてみなすか、もしくはみなさないかによって大きく変わります。
したがって、相場金額というものが存在していないのが現実です。

 

あくまでも参考ですが、養育費の弁護士費用として「着手金として20万円程度、報酬金20万円程度プラスαを設定している」と言う弁護士さんがいました。
弁護士費用が大きく変わってくるのは、このプラスαの部分です。
養育費を財産給付の経済的利益と位置づける弁護士さんは、着手金と報酬金に加え、受け取ることのできる養育費に一定の比率をかけた費用を弁護士費用として請求してきます。

 

 

一方で、養育費を財産給付の実質的な経済的利益としてみなさない弁護士さんでは、着手金+報酬金のみの請求となります。
さらに、養育費の回収をしてもらう毎に弁護士費用が発生するケースがあれば、一度だけの弁護士費用のみで対応してくれる弁護士さんがいて、それぞれの法律事務所によって弁護士費用が大きく異なるというのが現実です。

 

 

どちらかといえば所得が低く、経済的に弱い母子家庭では養育費を回収したいからと言って、弁護士費用を簡単に準備できるものではありません。
そのため、養育費の取立てや回収を自分の手でやろうとするシングルマザーがいらっしゃいますが、相手にのらりくらりとかわされたり、逆ギレされたり、無視される場合が多く、泣き寝入りしてしまう女性が少なくありません。

 

 

そこでシングルマザーの方々におすすめしているのが、養育費にかかわる相談料は無料で、弁護士費用実質0円で代理人となり、養育費の回収をしてくれるイストワール法律事務所の養育費回収サービスです。

 

イストワール法律事務所へ一任することで、元夫へ直接連絡をする必要はありません。そのため、ストレスやDVの危険もなく、毎月の養育費を約束の日まで受け取ることができるます。

 

養育費に関わる弁護士費用をはじめ着手金や報酬、養育費の回収や取り立てなど子どものために養育費をもらうための情報の詳細はトップページからご確認ください。