養育費は払わせるのが当然!でも、弁護士費用が気になりますよね!?

家計簿

 

【養育費回収の弁護士費用 着手金と報酬】
元夫が離婚の際に約束した養育費。その養育費の未払いや不払いに悩んでいる女性(ひとり親)のために、管理人はこのサイトを開設しました。

 

約束した養育費を払わず、連絡しても知らぬ顔を続ける不実な元夫。母子には、養育費を受け取る権利がありますから、法的手段を取ってでも養育費を払わせることができます。

 

でも、法律に詳しくなく、子どもを養うために毎日忙しく働いているお母さんには時間的にも経済的にも余裕はありません。まして、弁護士さんへ一任して養育費を回収することには、弁護士費用がかかることからためらっているお母さんが多いと思います。

 

もし、あなたが実質的に弁護士費用0円で、元夫から養育費を毎月安定して回収したいと思うのなら、少しだけこのサイトに付き合ってくださいね。
あなたには、本当に一円もお金を手出しすることなく、養育費を受け取ることのできる方法をお伝えします。

 

その前に、養育費を回収するための弁護士費用についてお話させてください。
離婚時に夫と養育費の取り決めをしたはずなのに、養育費を払ってもらえない母子家庭が少なくありません。
養育費には、親が子を扶養する『生活保持義務』の役割があり、未成熟子を育てるための生活費で、子どもを引き取らなかった親(たとえば夫)が、子どもの監護者(妻)に払わなければならないお金なんです。
ですから、養育費は元夫(父親)に払わせるのが当然のことです。養育費を払ってくれないからと泣き寝入りなどしないで、弁護士さんへ依頼してでも払わせなければいけません!

 

 

「とにかく不倫した夫とすぐにでも離婚したかったから養育費などは口約束で済ませ、公正証書を取っておかなかったので、養育費を払わせることはできないと思っていた」というお母さんがいます。
また、「子どものため元夫には養育費を払わせたいけど、弁護士さんへ払う余裕がない」と弁護士費用の心配から弁護士さんへの依頼をためらうシングルマザーが多いのも現実です。
ふつう、養育費の取立てや回収など、弁護士さんに依頼して元夫に養育費を払わせたり、養育費を回収した場合には着手金や報酬などの弁護士費用が発生します。

 

でも、安心してください。
これからご紹介する弁護士さんは、相談料も着手金もいっさいかかりません
報酬は、元夫からの養育費取立てが成功した場合にのみに発生。
しかも、毎月回収してくれる養育費の中から一定割合の金額のみを支払うだけの実質0円で、子どもが自立するまでずっと成長を見守ってくれる弁護士さんです。

 

 

【弁護士事務所で大きく異なる養育費回収費用】
養育費の回収にかかわる弁護士費用は、各法律事務所によって大きく異なり、養育費を経済的利益であると位置づけしている弁護士事務所と、経済的利益として位置づけしていない弁護士事務所では全然ちがってきます。
ちょっと難しいかもしれませんが、大切なことですからがまんして読んでくださいね。
経済的利益とは、その文字どおりお金の利益を得ることです。

 

【養育費回収や取立てのための弁護士費用】
たとえば、あなたが毎月5万円の養育費を10年請求したとして、得られる経済的利益は600万円になります。
法律事務所では、この600万円という金額をベースに着手金や報酬額を決めます。
ただし、養育費が経済的利益に当てはまるか、当てはまらないかの考え方によって、弁護士さんへ払う金額は大きく変わってきますから、注意してくださいね!

 

(a)養育費を経済的利益と考える弁護士さん
「民事事件の継続的給付債権と同じように、受領できる総額の10分の7を経済的利益とする」場合、5万円×12ヵ月×10年=600万円。この600万円×70%=420万円が経済的利益となり、
この弁護士さんは「着手金20万円+報酬金40万円」と言いました。

 

(b)養育費の経済的利益は2年分と考える弁護士さん
「養育費の経済的利益だけど、うちの事務所では2年分としている」という場合、5万円×12ヵ月×2年=120万円が経済的利益となり、この弁護士さんは「着手金10万円、報酬金12.8万円」と言いました。

 

(c)養育費は経済的利益ではないと考える弁護士さん
弁護士費用は0円となります。が、弁護士さんにも生活がありますからボランティアでもない限り現実的なものではありません。

 

 

「養育費を元夫に払わせたいんですが、費用はどれくらい必要ですか?」と弁護士さんへ電話で聞いても、「まず、事務所まで相談にいらしてください。着手金や報酬に関しては、詳しいお話を伺ってからでなければお答えできません」と言う弁護士事務所がほとんどです。
また、一般的に弁護士さんへの相談料は、30分で5千円〜が相場です。母子家庭にとって5千円は決して安い金額ではありませんし、交通費と時間をかけて足を運んでも結果次第では骨折り損になることもないとは言えません。

 

法律のプロである弁護士さんに、元夫に養育費を払わせるために動いてもらえば、弁護士費用が発生するのは当たり前ですよね。
でも、元夫に会うわずらわしさもなく、弁護士費用が実質0円で養育費を払わせる方法があるとしたら、養育費回収の詳しい内容を聞いてみたいと思いませんか!?

 

弁護士費用実質0円で養育費を払わせる方法の詳細はこちら

 

 

【養育費不払いに強いイストワール法律事務所の養育費取立てサービスは実質0円】
管理人には何人かのシングルマザーの友人がいますが、彼女たちの多くは元夫が養育費を払わなかったり、払いが遅れたり、勝手に減額をするなどして経済的に窮地に陥っています。そんな彼女たちを少しでも助けることができないかと思い、やっと探し当てたのが、イストワール法律事務所の養育費取立てサービスでした。

 

離婚した夫に養育費を確実に払わせるこの方法は、管理人の知る限り、弁護士費用が実質無料になる日本で唯一の養育費回収システムです。
『養育費の不払い』や『養育費の未払い』『養育費の滞納』『養育費の時効』『養育費取立て』『養育費回収』『養育費の請求』『養育費公正証書』など、要は養育費を払ってもらえず、経済的に困っているシングルマザーたちの問題を安心・確実に解決できる方法だと思います。

 

何よりも大切なことは、子どもを引き取り、シングルマザーとして一生懸命に生きているあなたに親身な対応をしてくれる弁護士さんを選ぶことです。

 

養育費問題に詳しくないのに、報酬目当てでおざなりの対応しかしてくれない弁護士さんや司法書士さんへ相談・依頼することは、時間とお金の無駄になってしまうのでくれぐれも注意してくださいね。
子どもを抱えシングルマザーとして生きて行くのは、並大抵のことではありません。子どものためにもきちんと養育費を回収し、母子ともに安心できる毎日を取り戻してください。

相談料・着手金無料!養育費回収費用実質0円のイストワール法律事務所

↓↓↓

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション

 

 

【養育費の回収をイストワール法律事務所に一任するメリット

イストワール法律事務所

元夫に会う必要なし

たとえば元夫のモラハラやDV、不倫が原因で離婚となった場合、毎月養育費の請求のために連絡を取ったり、会ったりするのは大きなストレスになってしまいます。素直に養育費を払ってくれるならまだしも、なかなか応じてくれなかったり、逆に減額要求をしてくることが多く、結局は養育費を払わない元夫の言い分だけ聞いて終わりというケースが少なくありません。

 

イストワール法律事務所へ養育費の回収を一任することで、弁護士があなたの代理人となって妥協のない回収・取立てを行いますから、あなたが元夫に対して連絡する必要はいっさいなくなります。また、元夫があなたに対して暴言や暴力にふるおうとしてきた場合にも、あなたと子どもさんの身を守り、必要があれば法的手段を取ってくれるので安心できます。

養育費回収の弁護士費用は完全成功報酬制!しかも実質無料

イストワール法律事務所では、経済的に余裕がないシングルマザーのために、
未払い養育費の回収については、『実質0円』システムを採っています。
これは、支払われた養育費の中からその一部を成功報酬として払えばよいので、養育費回収にかかる費用負担は実質無料となるわけです。
子どもが自立するまで、イストワール法律事務所はきちんと回収を続け、子どもの成長を見守ってくれます。

 

元夫の連絡先がわからなくても依頼可能

離婚後、夫婦は他人となってそれぞれの生活を営んで行きます。そのため、養育費に関して公正証書を作成して支払う約束を交わしていたとしても、ある日連絡がつかなくなったり、所在不明になって、相手が養育費を払わないようになることもめずらしくありません。
「元夫の連絡先や住所が分からなくては養育費回収を依頼できないのでは…」と思うかもしれませんが、心配不要です。イストワール法律事務所では、弁護士として合法的に相手の居場所を捜索して突き止めることが可能です。もちろん、それまでの未払い分を含め、きちんと請求して回収してくれます。

養育費の減額請求を受けた場合でも大丈夫

養育費の問題に関して未払いの次に多いのが『減額請求』です。元夫が再婚や転職を理由に養育費を減額してほしいと要求することが多々あります。しかし、それは元夫の都合に過ぎず、大切な子どもには何の関係もありません。
イストワール法律事務所では、元夫の勝手な言い分に対して徹底交渉をして適切な養育費を取り立ててくれます。

養育費の公正証書がなくても対応可!

離婚の際や離婚の後に、養育費について取り決めをしたことを公正証書にしておくことは、とても大切なことなんです。
公正証書があれば、相手方が養育費を払わなかったり、延滞した場合などに給料や預貯金などの資産を差し押さえることが可能だからです。

 

でも、DV夫や浮気夫との離婚を急ぐあまりに口約束で済ませ、養育費に関する公正証書を取っておかないケースが多いのも現実。
一般的に公正証書がない場合には、養育費不払いに対しての強制執行は困難であると言われていますが、イストワール法律事務所では公正証書がない場合でも、覚え書や誓約書、念書、メモなど元夫が「私は養育費を払います」という証拠書面があれば対応してくれ、実際に養育費の回収や取立てを成功させています。

 

 

 

<書面がなくても、相談することで道は開ける!?>
養育費の払いについては、元夫との口約束だけでメモすらない。夫のDVからシェルターへ逃げていたので、養育費についての話し合いすらできなかった。不倫夫とすぐに離婚したかったので、「養育費なんていらないわよ!」と思わず口にしてしまった。などなど、さまざまな事情があると思います。
でも、自分の子どもが経済的に自立するまで育てるのは、親の義務なんです。とくに最近は、母子家庭の貧困やシングルマザーの経済問題、貧しさが原因のひとり親児童の孤立などがクローズアップされ、社会や法律の流れが養育費の支払いを促すようになってきています。

 

イストワール法律事務所の相談料は、無料です。また、着手金もかかりません。弁護士報酬は、回収したお金の中から一部を払うだけで済みますから、お母さんが手出しするお金は一円もかかりません。元旦那の養育費の不払いや未払いに直面しているのなら、公正証書や書面の有無にかかわらず、まずは相談してみることをおすすめします!
また、イストワール法律事務所は全国対応ですから、北海道から沖縄、離島まで対応してくれますので、この機会を逃さないようにしてくださいね。

 

弁護士費用実質0円!養育費取り立てに強いイストワール法律事務所の公式サイトはこちら

事務所名:弁護士法人イストワール法律事務所
所 在 地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町403
代 表 者:弁護士 多田浩章 第二東京弁護士会所属

 

 

 

イストワール法律事務所の養育費回収サービスの特長

イストワール法律事務所

 

弁護士や司法書士の養育費請求サービスは、これまで過去の未払い分に対しての請求がほとんどです。でも、これだと養育費の未払いが発生する度に着手金などの弁護士費用がかかってしまい、シングルマザーには大きな負担となっていました。

 

そこで、シングルマザーをサポートしてきたイストワール法律事務所が考えたのが、着手金不要(初期費用0円)と成功報酬制度(元夫から毎月支払われる養育費の一部を成功報酬として充当)の導入でした。
養育費を払わない元夫から、弁護士があなたの代理人となって毎月きちんと回収してくれます。その中から一部を成功報酬として支払うだけ。だから、経済的に弱い母子家庭でも無理なく弁護士さんへ依頼・一任できるというわけです。

 

【養育費回収費用は元夫から振り込まれる養育費の30%】
イストワール法律事務所の養育費回収費用は、前述したように成功報酬制。具体的には元夫側から振り込まれる毎月の養育費の中から30%を払うだけなんですよ。
この30%の内容ですが、以下の項目がすべて含まれています。

★元夫への養育費の請求および交渉費用
★元夫の所在が不明になった場合の調査・捜索費用
★元夫のDVや暴言、ストーキング対策および警察との連携に関わる費用
★元夫側が養育費を払わないと拒否した場合の裁判および強制執行費用
★その他、子どもが養育費を受け取ることができる諸々のサポート費用

この養育費未払い回収サービスは、母子の安全面をサポートしながら子どもが自立する日まで、10年、20年と元夫への養育費の請求を続けます。離婚の最大の被害者は子どもだと言われますが、イストワール法律事務所は子どもの利益を最優先に考えて素早く動いてくれます。

元夫が「養育費は払わないよ」と言う現実

「離婚の際に何度も念を押して、元夫も了承したはずなのに養育費を払わないんです」というシングルマザーの声が増えています。

 

<経済的に困窮する母子家庭>
厚生労働省がまとめた2011年度の「全国母子家庭等調査結果報告」によると、離婚を原因とする母子家庭のうち、父親から養育費を受け取っているのは全体の19.7%に過ぎず、8割は養育費を払ってもらえていないという数字が明らかになっています。
さらに、この調査によると母子家庭の推計数は123万世帯に上っており、そのうち約8割が離婚を原因とする母子家庭。また、平均世帯年収は291万円に留まり、45.8%が「家計」に困っていると回答しています。
厚生労働省調査より

 

この数字からも分かるように、ただでさえ母子家庭は世帯年収が低い上、約束したはずの養育費が払われていないことは、子どもの進学や肉体的・精神的な成長の面からも著しい不利益があると言えるでしょう。
養育費は、子どもの健やかな成長を守るために必要なお金です。たとえ元夫が「養育費は払わない」と言っても、養育費問題に強い弁護士へ相談することで道は拓けてきます。
もし、あなたが養育費の未払いに困っているのなら、弁護士費用を気にすることなく母子家庭の生活をサポートしてくれるイストワール法律事務所へ無料相談してみる価値はあると思いますが、いかがですか!?

 

養育費相談

養育費回収が得意なイストワール法律事務所の詳しくはこちら

全国対応!イストワール法律事務所の養育費回収サービス

養育費回収サービス

【国内唯一!実質無料の養育費回収サービス】

 

着手金0円!実質無料になる養育費の回収や取立てサービスを提供し、母子家庭の経済的安定をサポートしてくれるイストワール法律事務所。

 

東京を拠点にして、元夫からの養育費の不払いや未払いに苦しむシングルマザーの支援に奮闘してきましたが、北は北海道から南は九州・沖縄、離島まで全国の母子家庭から「東京や関東圏に住んでいない私たちも、弁護素費用を心配せずに養育費を受け取れるようになりたい…」という声が多くなり、全国対応できるシステムを導入してくれました。

 

おかげで、現在は広島に住み、元旦那の養育費不払いに悩んでいた恭子さん(仮名)にも紹介してあげることができ、「無事に解決できたわよ!」とうれしいメールを貰うことができました。

 

いろいろ調べてみたんですが、着手金0円の完全成功報酬制で実質的には無料で養育費回収サービスをしているのは、日本でもイストワール法律事務所だけみたいです。
相談料も無料ですから「元夫が養育費を払ってくれない…」と悩む前に相談することをすすめています。

 

 

<イストワール法律事務所の養育費取立て・回収サービスの流れ>
@公式サイトの無料相談フォームからまずは相談してください

Aイストワール法律事務所よりご希望の日時に連絡が入ります

B事情を話し、納得できれば受任契約を結んでください

C契約成立後、イストワール法律事務所より相手側へ受任通知書を送付します
 ※着手金0円

D養育費の支払義務のある相手側より連絡のない場合、弁護士が代理交渉へ

E養育費の不払い、未払いを解決!
相手側と今後に渡っての養育費の支払いについて詳細を詰めます。

F成功報酬発生
養育費の振込み期間終了までイストワール法律事務所が責任を持って養育費を回収してくれます。
成功報酬は、毎月振り込まれる養育費の30%。つまり、母子家庭が手出しするお金は実質0円で
済むシステムになっています。これなら安心して頼むことができますね!

 

 

イストワール法律事務所の事務長さんに聞いた話では
「当事務所からの受任通知書が届いた段階で、養育費の支払いに応じるケースがほとんどです」と言うことですが、稀に連絡を無視する悪質な場合もあるそうです。
養育費案件があまり得意でない弁護士さんは、相手から無視されたこの段階で追及をあきらめることも少なくないそうです。

 

しかし、イストワール法律事務所では実地調査を行い、支払い義務のある元夫へ養育費の支払いを直接的に求めることを厭わないとも…。
これが、母子家庭の困窮や子どもの貧困を少しでも解消するため、イストワール法律事務所が立ち上げた国内唯一の養育費回収サービスです。
もう、元夫の養育費不払いや未払いに泣き寝入りしなくても済みますね。

 

 

 

【支払われる養育費から30%だけの成功報酬システム】
一般的には養育費の回収や取立てを弁護士さんへ依頼すると着手金と報酬金が必要になり、さらに依頼する度に弁護士費用を請求されるケースも少なくないことから、シングルマザーが弁護士さんへ相談したてくてもできないのが現実でした。

 

そんな現実を見て、「こんなことでは、母子家庭と子どもの貧困はいつまで経ってもなくならない!」とイストワール法律事務所では、母子ともに安心して養育費回収を一任できるサービスを作り上げたそうです。

 

たとえば、離婚時に子どもが5歳の場合、大学へ進学するとしてストレートに行っても卒業まで17年間の歳月がかかります。
長い17年間の間、毎月毎月、元夫に養育費を払い続けてもらうことは決して生易しいことではなく、毎日の生活に追われる母親にとって振込みの有無を確認する日々は、精神的にも負担になり、気が休まることはないでしょう。

 

それなら、毎月の養育費の振込み確認に神経をすり減らすよりも、養育費のことは弁護士さんへ任せ、仕事と子育てに時間を使う方が生きがいを感じられるのではないでしょうか。生きいきと笑顔を持って暮らしていると、いい話は向こうからやって来るものです。もしかしたら、お母さんには新しい出会いもあるかもしれませんし…。

 

離婚は残念な出来事だったかもしれませんが、自分らしい生き方をしつつ、大切な子どもを一人前の社会人へ育て上げるために、イストワール法律事務所の養育費回収サービスを利用してください。

 

養育費回収サービスの詳しくはこちら

 

 

養育費を払わない元夫から養育費を取り立てたり、回収するのは至難の業です。弁護士費用がかかっても、法的な手続きを取らざるを得ないケースも多々出てきますので、養育費不払いや未払いに精通した弁護士さんへ相談するのが安心だと思います。親権者、責任、未成年、親権、監護、監護権、支払、自分、程度、水準、同様、生活水準、請求権、放棄、事情、変更、権利、自身、基本的、手続、婚姻、話し合い、協議、離婚調停、調停、決着、審判、訴訟、裁判官、算定、算出、具体、計算、側、基礎、収入、認定、総収入、所得税、医療費、特別、経費、職業、最低、生活保護、能力、有無、確認、同居、割合、双方、妥当、資料、統計、利用、人数、年齢、先、合意、考慮、主張、私立学校、教育費、学費、学歴、説明、加算、増額、専門、判断、専門家、おすすめ、成立、事件、原則、以降、大学、卒業、通常、月々、今後、不安、一括、一括払い、税金、検討、多額、家族、自動的、増減、当事者、同士、裁判所、有利、判決、勧告、命令、履行、確保、対象、給与、債権、差し押さえ、将来、申立、状況、前、財産、問い合わせ、男女、トラブル、支払い、記事、資力、実績、多数、一覧、両親、分担、慰謝料、財産分与、配偶者、月、終期、母親、年収、6万円、8万円、個人事業者、基準、結果、参考、可能性、重要、高額、知識、決定、無職、借金、条件、高校、一時、形、差押え、大変、認諾、直接、会社、お互い、手続き、調停委員、話、意見、管轄、書類、戸籍謄本、提出、期日、自宅、調書、源泉徴収表、証明書、口座、不成立、移行、審判官、開始、給与明細、額、別、男性、養子縁組、親子、本来、悩み、北海道、東京、千葉、大阪、状態、継続、総合、父母、病気、優先、家庭、児童手当、公的扶助、贈与、贈与税、長期、方式、ひとり親家庭、提言、簡易、控除、生活費指数、変化、実施、得意、経験、東京メトロ、徒歩、JR、

日曜、祝日、営業時間、地域、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、提案、法律相談、無給、獲得、子供、社会人、紹介、写し、現在、パートナー、終了、傾向、記載、通り、例、送金、法律上、賃金、支部、扶助、保護、意思、尊重、兄弟姉妹、開催、